サイトのイメージと制作会社

サイト制作を依頼する前にイメージを確立しよう

サイト制作を依頼する場合は、どのようなデザイン、機能をサイトにつけてほしいのかというイメージをはっきり持っておいた方がいいです。
よくないのは、かっこいいサイトにしいほしい、あるいは流行っているようなデザインにしてほしいといった、漠然としたイメージしか持っていない状態でホームページ制作を依頼することです。なぜ、そういう状態でサイト制作を依頼してはいけないのかというと、いろいろなものに流されやすくなるからです。たとえば、かっこいいサイトを作ってほしいとサイト制作を依頼してから少し経って、女性アイドルグループの公式サイトを見て、やっぱり可愛いサイトにしてほしいと方向性をがらりと変えるようなことを言ったり、ホームページのことはよくわからないから、簡単なものでいいと言った後に会員制のサイトを見て、この機能をつけてほしいと言ったりです。
そうすると、制作側は、今まで作っていたものをすべて捨てて、一から作り直しということになるので、モチベーションが下がってしまいます。その後も、あれをつけてほしい、これはやめてほしいといった要求を繰り返すと、実際には不要な機能がたくさんついていたり、閲覧者のことをまったく考えていない自己満足なサイトが出来上がってしまうということにもなりかねません。
では、発注する前にはっきりとしたイメージを持つにはどうしたらいいのかというと、流行っているサイトを一通り見て、理想のイメージに近いサイトを探しておくことです。そうすることによって、制作者に対して、こんな感じのサイトを作ってほしいという風に明確な具体例を示すことが出来ますし、最初に流行のサイトを見ておくことで、後から影響を受ける心配もありません。また、閲覧者の視点で考えられるようになるので、このデザインにすると見にくくなってしまうだろうとか、この機能をつけたらかえって使いにくくなるだろうということが想像出来るようになります。

web制作会社の大手に依頼するメリット

昔はHPを持つ企業は少なかったです。大手ですら数ページの紹介ページのみということも珍しくありませんでした。しかし今は、中小企業であっても自社のHPを持つことが普通になりました。web制作会社の数も多く、個人事業の物も含めると膨大な数になります。

数あるweb制作会社の中で、もし少しでも安く作りたいということであれば個人事業やSOHOで依頼する方法があります。
しかし、大手のweb制作会社に依頼することは、コスト以上のメリットがあります。ホームページ制作会社選びでは、初期費用だけでなく運営スタイルまで考えて選ぶべきです。何故なら自社のHPが会社の印象を大きく変えることがあるからです。

もしも作って終わりのHPであればできるだけ安ければよいかもしれません。
しかし、同じ文章の乗っているHPであっても、デザインで印象はがらりと変わります。また、上位検索を意識しているかどうかで、同じ内容でもヒット数が変わってきます。上位検索を意識したHP作りとなると、個人事業への依頼では限界があります。
大手の場合には、複数の人数でのチームを組んでの仕事になるため、それぞれの分野のスペシャリストが仕事にかかわることになります。
その為、コストはかかりますが、それだけの効果のあるHPを作ることができます。
また、HPには更新作業が伴います。会社が存続する以上、更新作業も依頼することになりますが、個人事業の場合には事業者に連絡がつかなくなってしまったというケースがあります。web制作会社は数も多いですが、早期になくなってしまう会社もまた多い、移り変わりの早い世界です。
もしも制作を依頼した会社がなくなってしまった場合、更新作業にも多大なコストがかかります。
初めから作り直した方が安く済む場合もあるくらいです。しかし、HPは会社の顔なので安易に作り直すわけにもいきません。会社としてweb制作を依頼するのであれば、安定感のある大手の方が適していると言えます。